内科認定医・肝臓専門医 肝臓病・糖尿病 林診療所 胃カメラ・エコー検査 地域の皆さまの健康が私たちの願いです。

診療内容

当院では内科疾患全般の診断、治療を行っています。
特に肝臓疾患、消化器疾患、糖尿病をはじめとする生活習慣病(糖尿病、高血圧症、高脂血症など)の診断、治療には力をいれています。

肝臓疾患

C型肝炎、B型肝炎などの肝臓病は自覚症状がほとんどないため、知らないうちに肝硬変へ進行していたり、肝癌が発生したりする恐れがあります。
このため、自覚症状がなくても定期的に医療機関で診察を受ける必要があります。

肝臓疾患に対しては以下のような専門治療を、患者さんの負担が少ない外来治療で行っています。

C型慢性肝炎
  • ペグインターフェロン少量長期療法
  • 瀉血療法
  • 肝庇護療法
B型慢性肝炎
  • インターフェロン療法
  • 核酸誘導体による抗ウイルス療法
肝硬変
  • 栄養補助療法
  • 肝庇護療法
肝細胞癌
  • 外来動注化学療法

その他アルコール性肝障害、脂肪肝、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、自己免疫性肝疾患など様々な肝臓疾患の診断、治療を行っています。

糖尿病

糖尿病は治療が遅れると様々な合併症を引き起こします。
合併症としては腎不全、網膜症(眼の病気)、神経障害(足のしびれ、潰瘍)などがあります。
また心臓病(心筋梗塞、狭心症)、脳梗塞なども引き起こします。そのため早期診断、治療が必要となります。
治療としては食事療法、運動療法の指導の他、経口血糖降下薬による治療、さらには外来でのGLP-1作動薬の導入やインスリン導入を含めた治療も行っています。

※経口血糖降下薬
  • インスリン分泌促進薬…スルホニル尿素(SU)薬、速効性インスリン分泌促進薬(グリニド製剤)
  • インスリン抵抗性改善薬…ビグアナイド薬、チアゾリジン薬
  • その他…α―グルコシダーゼ阻害薬、インクレチン製剤(DPP-4阻害薬)
検査内容

当院では胃カメラ、エコー検査(超音波検査)などの検査を行っています。

胃カメラ(内視鏡検査)
  • 約5ミリの細径のカメラのため、患者さんへの負担が少なく、今までのカメラより楽に検査を行うことができます。
  • 鼻からのカメラを行っていますが、従来どおり口から行うことも可能ですのでご希望をお聞きして行っています。
エコー検査(超音波検査)
  • 腹部エコー検査
主に肝臓、腎臓、胆嚢、膵臓、脾臓を調べます。
  • 心エコー検査
心疾患(弁膜症、虚血性心疾患、心筋症)の有無、心不全の有無などを調べます。
  • 頚動脈エコー検査
頚動脈を調べることで生活習慣病(糖尿病、高血圧症、高脂血症など)に伴う動脈硬化の有無を調べます。
  • 甲状腺エコー検査
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、甲状腺機能低下症(橋本病)、甲状腺腫瘍などの有無を調べます。
迅速グリコヘモグロビンA1C測定器
5分で糖尿病の指標であるグリコヘモグロビンA1Cを来院日
に測定することで糖尿病の管理を行います。
胸部、腹部レントゲン検査
肺疾患、心不全の有無を調べます。
骨塩定量検査
骨粗鬆症の有無を調べます。
心電図、ホルター心電図
不整脈、虚血性心疾患などの有無を調べます。
血圧脈波検査
両手、両足首の4ヵ所の血圧を同時に測定するだけの簡単な検査です。
血管のしなやかさ(血管年齢)と血管の詰まり具合(動脈硬化の程度)がわかります。
足の血管が詰まる病気(閉塞性動脈硬化症)の診断に有用です。
動脈硬化が進むと、脳梗塞、心筋梗塞などの危険性が高まります。
電子カルテ
電子カルテを導入することで、カルテの管理を行っています。